Space Pictured and Experienced
想像と体験の空間
2009-2011

Rulers  and  Chair
定規と椅子

Rulers (whole)
定規(全体)

DIY


 Wall and floor
壁と床

 Wall and floor (part)
壁と床
(部分)

 Wall and floor (part)
壁と床
(部分)

 Wall and floor (part)
壁と床
(部分)

 Crash #1
崩壊 #1

Table corner
机上

 Walls

 Walls

 Walls and space
壁と空間 

installation view -1
展示風景-1

installation view -2
展示風景-2

installation view -3
展示風景-3

installation view -4
展示風景-4

installation view -5
展示風景-5

installation view-6:
Wall and floor  (whole)

展示風景-6:
壁と床(全体)

installation view-7:
Wall and floor  (part)

展示風景-7:
壁と床(部分)


 installation view-8:
Rulers  (whole)

展示風景-8:
定規(全体)


installation view-9:
Rulers  (part)

展示風景-9:
定規(部分)


installation view-10:
Rulers  (part)

展示風景-10:
定規(部分)


installation view-11:
Crash #1 (top), Table corner (bottom)

展示風景-11:
崩壊 #1 (上)、机上(下)

installation view-12:
Walls and space  (whole)

展示風景-12:
壁と空間(全体)


installation view-13:
Walls and space  (part)

展示風景-13:
壁と空間(部分)


statement

When I started living in New York, inches and feet measurements did not give me any idea to grasp the size of a room, furniture, or any, as the US customary measurement system had not existed in my everyday life until then. I had to convert these measurements in metric in order to get the size of a space or anything in my own sense. Then it finally started taking shape in my head; how large or small the room or furniture was. This led me to have interest in how we imagine, perceive, and experience spaces, such as an open space, interspace, space enclosed by walls, and structural space. 


What do you picture in your head when reading an unillustrated description of a space? How is visual information of a space recognized? 

Here I realize a very obvious but important fact that light enable to see the area and structure of a space.

A photograph, however, does not really give you information of the plain scale of the subject, but rather uncertainty and confusion about it.


Having had these feeling, interests, and questions, in this body of works I am exploring interactions between a space and photographs in recognizing and/or experiencing a space. They collaborate as input and output. The interaction could be seen as two-dimensional images and/or three-dimensional objects. Photographs which are juxtaposed and/or sequenced could create a space; interspace and imaginary space. The viewers could walk around the space in which photographs are exhibited, and see the images with looking up and down the wall and floor. It could be an experience of the tangible and the intangible of photograph and space.



ステートメント

ニューヨークに住み始めた頃、私にとってインチとフィートの寸法は部屋や家具、その他何かのサイズを把握するのには全く役に立ちませんでした。アメリカ合衆国で通常使われている寸法と計量のシステム(インチ、ヤード、ポンド、ガロンなど)はそれまで私の日常生活には存在しなかったからです。それらの寸法を自分の感覚で把握するには、いちいちメートル法に換算し直さなければなりませんでした。そこで初めてそのスペースや家具が大きいのか小さいのか、どんな形なのかが漠然と想像できるのです。

このことが、私たちはどのように空間/スペース(例えばオープンスペース、間、壁で囲まれた空間や構造空間など)を想像、認識そして経験しているのかということに関心を持つ始まりとなりました。


スペースについて図解のない記述や小説を読んだとき、果たして何を想像するのだろうか?空間についての視覚情報はどのように認識されるのだろうか?

ここで、「光」が空間の広さや構造を把握するにあたって不可欠だという当たり前のことに気づきます。

しかしながら、写真は被写体(空間)の実際の大きさの情報にはあまりならず、被写体を引き伸ばしたり縮ませて、むしろ不明瞭または混乱させたりするのです。


以上の感覚や疑問から空間と写真の関わり合いに興味を持ち、この作品シリーズで探っています。空間/スペースと写真は、インプットとアウトプットとして相互作用しています。その相互関係は二次元のイメージとして、または三次元にある物体として見ることができます。組み合わせたり、並べられた写真たちはそれら自体で空間 – 間と想像空間 - を創り出します。作品を見る人々は写真が展示された空間を歩き回り、壁を見上げたり、床を見下ろしたりしながら、写真の持つ有形と無形のものを経験します。